壁面緑化事業 クールミスト事業

村長ブログ

飛脚と恋文

投稿日:

今日の北部九州の空は

めちゃ快晴  

(仕事したくない❗)

雲ひとつないのであります☀

二十四節季では穀雨「こくう」

「穀物を育てる雨が降り、芽を出させる」

と言う意味ですが

飛脚にとって仕事がしやすい

今日のような晴れの日、4月20日は

お喋りなブラックプリプリが教えてくれる

のです。

逓信記念日?

いわゆる

郵政記念日だって

1871(明治4)年4月20日は

以前、飛脚制度から代わり郵政制度が

実施された日です

東京・京都・大阪のほぼ三都市と東海道線

の各駅で郵便物の取り扱い、切手の発行

がはじまり

翌年には全国的に実施されていきました

 

ところで、郵政制度が始まる前は

LINEもメール📧も、まして

飛行機も汽車も車も無い時代

手紙や重要書類は飛脚が運んでいました

 

東京ー大坂間を最短でも3日かかり

継所でリレー形式

超特急便だと2日強で約700匁

現在の値段で

約140万円

平成30年の速達の料金は約400円

メール、LINEだったらほぼ0円

 

村長は思いました、当時は遠距離恋愛は

難しいと❣⁉

料金高すぎ❗

飛脚に恋文を託す人はほとんど

いなかったのでは❓

江戸時代の一般庶民は恋文は直接

手渡しだったに違いないと❗

思うのです🤔

 

村長もたまに恋文『ラブレター』を

もらうのです

40代はかなりもらっていました。

文面は大体こんな内容です。

 

【いかがお過ごしですか?・・・・・・・

またお会いしたいと♡・・・・・・・・

 

 

・・・よかったらお店によってください】

と銀河鉄道999のメーテルの

ような化粧の厚い女性?から

届くのです。

何故か?

恋文?が送られてくるたびに

諭吉先生がいなくなっていくのです💦

-村長ブログ

Copyright© 株式会社みんみん村 , 2020 AllRights Reserved.