壁面緑化事業 クールミスト事業

村長ブログ

一葉奇跡の14カ月

更新日:

女流作家    樋口  一葉

本名は夏子、戸籍名は奈津(村長の愛犬七二と呼び方同じ)

1872年5月2日生まれ〜1896年11月23日没小説家定番の肺結核でなくなちゃいました😭

そう今日は

五千円札の一葉さんの誕生日なんです🎉

 

農民から武士の身分を勝取った父親は、明治新政府の下級官史となり、その傍ら不動産業や金融で財を成して、樋口家はお金には困るような事はありませんでした

一葉さんは小学生の成績は首席なるほど優秀な子供でした。しかし11歳の時に母親から

「女にはこれ以上の学問はいらない、それよりも家で針仕事や家事を身に付るべきだ」

と主張して退学を余儀なくされました

それを見かねた父親は、一葉さんに和歌の通信教育を受けさたり、歌塾「萩の舎」へ入門させたりとしました

ところが

父親が事業に失敗、そして膨大な借金を残したまま、一葉さんが17歳の時に病死します(健康が一番だよ‼)

兄もなくっていたため一葉さんは、一家の大黒柱になり、母、妹・・女3人でめちゃ大変な生活になりました❗😰😓😨

一葉さんには、許嫁の渋谷三郎て人がいたのだが、樋口家の多額の借金を理由に破談になします

またなんと

夏目 漱石の家との間にあった縁談も借金を理由に破談となります😢😢😢

一葉さんは家計が火の車から抜け出せなく悩んでいた所、同じ塾の田辺かほが[藪の鶯]で多額の原稿料が入った事を知り

一葉さんは思ったのです「小説を書けばお金になる」と🤔

それから、執筆活動をはじめたおり、妹の紹介で東京朝日新聞の新聞記者、半井桃水(ながらい とうすい)という師匠みないな人と出会いました

その後、桃水から厳しい指導を受けながらも世間から「2人が男女の関係になっている」と噂されるようになり、また経済的支援を受けていて、そして優しい桃水の事が好きだったのですが、自ら家に出向き

「絶交」を告げたのです😢😭

そしてまた極貧の生活をおくるのです😓

 

そんな中、樋口家は現在の台東区吉原の近くに〔元遊郭、村長も一度は行ってみたい😋)、日用雑貨を扱う店を開いて、そこで働く身を売るしか生きていけない少女、遊女を描く方向性を決めたのです!(流石  一葉さん  早く方向性決まってよかった!)

 

1894年〔大つごもり〕を発表、翌年明治28年に〔たけくらべ〕を発表、〔大つごもり〕から〔うらむらさき〕発表までは

文学史において【奇跡の14カ月】と呼ばれ、一葉さんは優れた作品を数々残しました🔚

 

ところで

みんみん村の村長は怒っているんです💢

 

誰に❓もちろもん、わかりますよね‼

一葉さん、二回も裏切られたです😢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏目 漱石に

 

一葉さんやっと

 

 

 

 

 

日本銀行で仲良くなれると思ったら

すぐ、出て行ったんです  (涙)

一葉さん

日本国民はあなたの事大好きですよ♡

 

 

勿論   英世先生も、諭吉先生も♡

-村長ブログ

Copyright© 株式会社みんみん村 , 2020 AllRights Reserved.